presented by
Menu
理由は安全面

ドイツ対オランダが中止

 パリの同時多発テロから4日後の火曜日の晩、ハノーファーではドイツ対オランダの代表戦が開かれる予定であったが、安全面の理由から試合開始前に中止が発表された。ハノーファー警察のフォルカー・クルーヴェ署長の報告によると、爆弾攻撃の可能性が浮上したようだ。今回ドイツ代表に同行していたバイエルンの選手は、トーマス・ミュラーのみだった。