presented by
Menu
インサイド

バイエルンから8名が選出

 37カ国用の専用ページを持つ世界最大のスポーツウェブサイト『Goal.com』で水曜日午前、バイエルンから8人の選手が世界最優秀サッカー選手50名に選出された。その8人とは、マヌエル・ノイアー、ロベルト・レヴァンドフスキ、アリエン・ロッベン、フィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、ダヴィド・アラバ、ジェローム・ボアテング、アルトゥーロ・ビダル。Goal.comが1つのクラブから8人もの選手を選んだのは、今回が初めて。11月27日に、その50名の中から選ばれた最優秀選手1名が発表される。

アラバがランニング開始

 水曜日のチャンピオンリーグ予選オリンピアコス・ピレウス戦を、足首の関節包負傷で欠場したダヴィド・アラバが、水曜日に軽めのランニングを開始した。同選手が土曜日に行われるリーグ4位のヘルタ・ベルリン戦に出場できるかは、まだ明らかになっていない。