presented by
Menu
フランス対ドイツ

パリでの代表戦に陰りを落とした襲撃事件

サッカーが楽しまれるはずだった金曜日の夜。しかしパリではこの夜、スポーツについて語られることはほとんどなかった。報道によると、ドイツ代表がフランス代表に0-2(0-1)で敗北したテストマッチの最中にいくつもの襲撃事件が起こり、多くの人命が失われたという。

このテストマッチにはドイツ代表のマヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラー(3人とも先発)、そしてフランス代表のキングスレイ・コマン(後半に途中出場)と、合わせて4人のバイエルン選手が出場した。試合中に何度か、スタジアムにも爆発音が届いていた。オリヴィエ・ジルー(45+1分)とアンドレ=ピエール・ジニャク(86分)の得点によるフランスの勝利は、この悲劇を前に全く意味のないものとなった。