presented by
Menu
グループステージの抽選会

ユーロ・フランス大会! ドイツ対レヴァンドフスキのポーランド

 ユーロ・フランス大会のグループステージで、ドイツとポーランドが同グループに入ることが明らかになった。これはつまり、FCバイエルンの代表選手 vs. ロベルト・レヴァンドフスキを意味する。ドイツとポーランドはユーロ予選でもすでに対戦した。ポーランド以外に同組に入った国は、ウクライナと北アイルランド。勝ち進めないグループではない。ドイツの初戦は2016年6月12日に行われる。対戦相手はウクライナで、会場はリール。また、ポーランド戦は6月16日で、北アイルランド戦は6月21日となった。両試合ともにパリで行われる(サン=ドニとパルク・デ・プランス)。

 FCバイエルンに所属する他の代表選手も、死のグループに入ることはなかったようだ。キングスレイ・コマン擁するホスト国のフランスは、開幕戦でルーマニアと対戦する。その他同組に入った国は、アルバニアとスイス。ダヴィド・アラバのオーストリア代表は、ポルトガル、アイスランド、ハンガリーと同組。チアゴのスペイン代表は、トルコ、チェコ、クロアチアと同組になった。

51試合が10のスタジアムで開催

 本戦への参加国増加(現在24ヶ国)に伴い、各グループの1位と2位だけが予選通過するのではなく、3位につけたチームのうち最も成績のよかった上位4カ国にも本戦出場の資格が与えられることになった。つまり、開催期間6月10日から7月10日までの間に行われる試合数も同様に増え、10のスタジアムで51試合が行われることになる。

 パリの抽選会には、元バイエルンのビセンテ・リザラズもアシスタントとして参加。かつてユーロで決勝弾を決めたドイツ代表のチームマネージャー、オリヴァー・ビアホフ、アンゲロス・ハリステアス(ギリシャ)、ダヴィド・トレゼゲ(フランス)、アントニーン・パネンカ(チェコ)も、遅れて会場を訪れた。