presented by
Menu
ブッフォン、ブラーボをおさえ1位

ノイアー、3年連続で世界最優秀ゴールキーパーに

マヌエル・ノイアーがまたしても、世界最優秀ゴールキーパー賞に輝いた! FCバイエルンの守護神は、今年も一昨年、昨年に続き3年連続でベストゴールキーパーに選ばれた。29歳のノイアーは、国際サッカー歴史統計連盟(International Federation of Football History & Statistics (IFFHS))の選考会で188ポイントを獲得、ジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントス・トリノ、78ポイント)、クラウディオ・ブラーボ(FCバルセロナ、45ポイント)に大きく水をあけて1位に輝いた。29回目を迎えた今年の投票には、50カ国以上のサッカー編集者や評論家が参加した。

「3連覇を達成することができ当然喜んでいる。だが、もっと大事なのはチームでタイトルを取ることだ。そのために努力しているのだから」とノイアーは、本サイトfcbayern.de にコメントを寄せた。今回で3度目の世界一を手にしたノイアーは、オリヴァー・カーンとイタリア人のワルター・ゼンガに並び、歴代3位に躍り出た。受賞回数でこれを上回るのは、4度世界一に選ばれたブッフォンと、イケル・カシージャス(5度受賞)の両名だ。