presented by
Menu
インサイド

ボアテングが筋肉を負傷

 1月31日に行われるブンデスリーガ次節1899ホッフェンハイム戦で、ジェローム・ボアテングの出場が危ぶまれることになった。同DFは金曜日夜、ハンブルクで行われた後季開幕戦で内転筋を負傷し、56分に交代を余儀なくされた。同選手はミュンヘンに帰還後、週末に詳細な診察を受ける予定だ。

マルティネスが50勝目

 負傷したボアテングに代わって56分から途中出場したハヴィ・マルティネスだが、同選手は今節でブンデスリーガ58試合に出場したことになる。また同時にこのハンブルガー戦で50勝目を挙げたことになり、新記録をも打ち立てることになった。というのも、これほど少ない試合数で50勝目を達成したのは、同選手が初めてなのだ。これまで50勝目を達成した最小試合数は71試合で、記録を保持していたのはアリエン・ロッベン、アンドレアス・オットル、そしてスヴェン・ベンダーだった。