presented by
Menu
インサイド

ミュンヘンへ帰還、ウルライヒは負傷

 FCバイエルンのドーハキャンプが閉幕を迎えた。約6時間のフライトの後、ペップ・グアルディオラ率いるチームは水曜日の晩、再びミュンヘンに帰ってきた。マティアス・ザマーは離陸前、「素晴らしいトレーニングキャンプだった。とてもいい練習ができた」とこの7日間を総括。また、ジェローム・ボアテングは私用で一人火曜日にキャンプを去っていた。そして、スヴェン・ウルライヒが最後のトレーニングで足を負傷。詳しい診断はミュンヘンに戻ってから行なわれる。

レヴァンドフスキ、バロンドール選考会で4位

 またしてもリオネル・メッシが、41.3%という圧倒的な投票率でバロンドールに輝いた。2位には27.8%でクリスティアーノ・ロナウドが続き、ネイマールが7.9%で3位に選ばれた。残念ながらFCバイエルンからは一人も最終選考に残ることはなかったが、ロベルト・レヴァンドフスキが4.2%で4位に選出。また、トーマス・ミュラーが2.2%で6位、マヌエル・ノイアーが2%で7位に輝いた。