presented by
Menu
インサイド

膝の打撲傷のため、ラフィーニャが離脱

 土曜日にカールスルーエで行われた後季の予行練習といえるテストマッチは、FCバイエルンに敗北(1-2)だけでなく、負傷者までもたらした。後半から出場したラフィーニャが、66分の時点で再びピッチを離れることになったのだ。日曜日の診察の結果、右膝に重度の打撲傷を負っていることが判明した同選手は、一時的にチームを離脱することになった。