presented by
Menu
インサイド

アラバが受賞

 ダヴィド・アラバがまた素晴らしい賞に輝いた。FCBの同選手は故郷のオーストリアで、クローネン紙の読者により3年連続で最も好きなサッカー選手に選ばれたのだ。アラバは月曜日夜、ウィーンで行われた授賞式で「これは僕にとって本当に素晴らしい名誉で、誇りに思います」とスピーチをした。現在23歳の同選手は431,477票を集め、アラバ同様FCバイエルン・ユースアカデミー出身のシュテフェン・ホフマン(ラピド・ウィーン)とトーマス・ピッヒルマン(ヴァッカー・インスブルック)を抑えて同賞を受賞した。アラバは既に昨年12月、オーストリア・ブンデスリーガ各クラブの監督とスポーツディレクターによって年間最優秀サッカー選手に選ばれている。

ウルライヒがパパに

 スヴェン・ウルライヒから嬉しい報告が届いた。現在負傷中のバイエルンの同GKと夫人リサの間に第一子が誕生したのだ。土曜日の午後に誕生したのは女の子で、マリアと名付けられた。おめでとうございます!