presented by
Menu
インサイド

ゲッツェがチームトレーニングに復帰

 ほぼ4ヶ月間も我慢を強いられていたマリオ・ゲッツェだが、同選手のカムバックが近づいてきた。同ドイツ代表は月曜日の午前中、内転筋の負傷後初めてFCバイエルンのチームトレーニングに参加した。ゲッツェは約1時間にわたり行われたトレーニングで、シュート練習や試合形式の練習を含む全メニューを問題なくこなした。

リベリーとベナティアがボールを使ってトレーニング

 チームトレーニングが終わった後にピッチに姿を現したのは、フランク・リベリーとメディ・ベナティアだ。両選手は筋肉を負傷後順調な回復を見せており、ゲッツェ同様に近く復帰が見込まれている。その他、負傷者リストに名を連ねていたのはラフィーニャとフアン・ベルナトだが、こちらは日曜日のホッフェンンハイム戦で既に再びメンバー入りを果たしている。