presented by
Menu
声明

ビダルに関するスポーツビルト紙の報道について

 ドイツ紙『SPORT BILD(スポーツビルト)』が、2016年2月3日に発売した最新号の16ページに『ビダルのスキャンダルファイル』というタイトルで、FCバイエルンのアルトゥーロ・ビダルが「ドーハキャンプ中にチームの宿舎を幾度となく離れ、酔っ払って戻ってきた」と記載し、同選手の手取りの年収を「800万ユーロ(約10億400万円)」と報道した。

 これについて株式会社FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲが、「どちらの報道も間違で、悪意がある」と声明を出した。