presented by
Menu
インサイド

ブライトナーがFCバイエルン・ユースカップ・インド大会決勝を観戦

 一昨日の日曜、ムンバイでFCバイエルン・ユースカップ・インド大会2016の勝者が決定した。世界王者FCBのレジェンド、パウル・ブライトナーが見守る中、ムンバイのチーム『カテドラル・アンド・ジョン・コノン・スクール』がPK戦を制し、激戦に競り勝った。5月15日にアリアンツ・アレーナで開催される世界大会出場をかけて、数週間にわたり全200の学校サッカーチームと1800人を越える生徒がしのぎを削った。FCバイエルン・ミュンヘンは、パートナー企業であるアディダスとルフトハンザ、そしてブンデスリーガの支援に感謝の意を表明している。

ユーヴェのボヌッチ、バイエルン戦出場が濃厚

 イタリアでの報道によると、来週火曜の夜(現地時間)に行われるFCバイエルンとのチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグに、ユヴェントスFCの守備の要であるレオナルド・ボヌッチの出場が濃厚なようだ。28歳になる同イタリア代表は、先週末に行われたナポリとの上位対決(1-0)で打撲を負い、負傷交代を余儀なくされていたが、重大な怪我には至らなかったようだ。一方、欠場となるのはDFジョルジョ・キエッリーニ(ふくらはぎの負傷)とマルティン・カセレス(アキレス腱断裂)と見られる。