presented by
Menu
バイエルンは難敵

王者同士の対戦に関する統計データ

 火曜日の現地時間20時45分のキックオフに向けて、FCバイエルンとユヴェントスFCは双方共に盛り上がりを見せている。チャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグで、ドイツマイスターのFCBとイタリア王者のユヴェントスが後者のホームスタジアムで対戦する。この大一番を前に、fcbayern.deが両チームの対戦に関するデータを紹介する。

トップチーム同士の対決

 FCバイエルン対ユヴェントスFC戦は、ヨーロッパのトップに立つ2チームの対戦だ。両クラブがこれまでに獲得したタイトルを比較してみよう。

バイエルンは難敵

 ユヴェントスにとってFCバイエルンは、直近10年間にホームで敗北を喫した唯一の外国のチームだ。両チームが前回対戦した2013年4月(CL準々決勝ドイツマイスターの2ndレグ)、バイエルンはトリノで2-0の勝利を挙げている。FCBはその前にも、2011年12月(CLグループステージ)に同地で4-1の白星を挙げた。この勝利によりドイツマイスターのFCBは、新ホームのユヴェントス・スタジアム(2011年9月オープン)で勝利を挙げた唯一の外国のチームともなった。

 ユヴェントスは前回バイエルンとのホーム戦に敗れてから、ユヴェントス・スタジアムで行われるヨーロッパのカップ戦16試合で負けなし(10勝6分け)だ。また、ホームで行われた直近47試合のヨーロッパのカップ戦(予選を含む)で、ユヴェントスが負けたのはたった2試合のみ。その相手はいずれもバイエルンだった。

バイエルン対ユヴェントス

 FCバイエルンはユヴェントスとの直近3試合に全勝しており、次の対戦にも勝利できれば、ヨーロッパカップ戦でユヴェントス相手に4連勝を挙げた唯一のチームとなる。統計データによれば、FCBが若干優位に立っているようだ。これまでに両チームが対峙した8試合の戦績は、FCBの4勝3敗1分けとなっている。FCBがユヴェントスに敗北したのは、2005年11月のCLグループ予選(1-2)が最後だ。FCBはアウェイのユヴェントス戦でも、2勝2敗と互角の成績を収めている。

バイエルン対イタリア勢

 FCバイエルンがイタリアでセリエAチームと行った試合のこれまでの戦績は、7勝9敗3分けとほぼ互角だ。バイエルンは前回のイタリアでのアウェイ戦でASローマと対戦し、7-1とヨーロッパカップ戦で最高の勝利を挙げている。イタリアのクラブとの対戦データは、総合的に見ても15勝15敗8分けと拮抗したものだ。

ユヴェントス対ドイツ勢

 ユヴェントスはこれまでにドイツのクラブとホームで22回対戦しているが、同チームが敗北を喫したのはその内わずか5試合のみ(その他は14勝3分け)。それに相応しく、ドイツ勢相手のユヴェントスの統計データは25勝15敗9分けと、明らかに良いものだ。ユヴェントスは今シーズンのグループステージでボルシア・メンヒェングラードバッハと対戦したが、ホーム(0-0)・アウェイ(1-1)共に引き分けに終わっている。目前に控えたバイエルンとの1stレグはユヴェントスにとって、ヨーロッパのカップ戦で50戦目のドイツのクラブとの対戦になる。