presented by
Menu
インサイド

"達人GK"同士がご対面

 異なる分野で活躍する達人2人が水曜日、ゼーベナー通りでご対面した。その2人とは、サッカー世界最優秀GKマヌエル・ノイアーと先日ハンドボールでユーロチャンピオンに輝いたばかりのアンドレアス・ヴォルフだ。ハンドボールドイツ代表GKのヴォルフは、ポーランドで開催されていたユーロ閉幕から3日後、FCバイエルンのトレーニングを訪問。そこで守護神ノイアーとわずかながらに言葉を交わした。同大会の様子を常にチェックしていたというノイアーは、「ヴォルフは相手の動きを予測するのが上手く、ギリギリまで立っていることで相手が最初に動くのを強制させる」と、ハンドボールの守護神の強みを分析。その他のメンバーも賞賛の言葉を述べ、トーマス・ミュラーは「うちのGKにもなれるよ」と話し、笑いを誘っていた。

ユヴェントス、ケディラ抜きか

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント初戦まであと3週間というところで、対戦相手のユヴェントスがサミ・ケディラを欠く可能性が出てきた。ケディラが、4-0で勝利した日曜日のACキエーヴォ・ヴェローナ戦で、右大腿の内転筋を負傷したとクラブが伝えた。同選手は2、3週間の離脱を強いられる。また、FWマリオ・マンジュキッチも太腿の怪我により2月23日の1stレグで不在となる見通し。しかし、3月16日の2ndレグまでには2人とも復帰する見込みだ。

アリアンツ・アレーナ、年間動員数No. 1

 アリアンツ・アレーナの2015年の年間訪問者数がドイツ国内で1位に輝いた。雑誌『シュターディオンワールド・インサイド』が発表した。サッカーの試合とイベント事を合わせ、通算2,790,860人がバイエルンのホームスタジアムを訪問。コンサート訪問者も含まれているゲルゼンキルヒェンのフェルティンス・アレーナ(2,575,054人)とドルトムントのズィグナル・イドゥナ・パーク(2,060,877人)を上回る結果となった。

ウルライヒ、復帰目前

 3週間の負傷離脱を経たスヴェン・ウルライヒが水曜日、全体練習の一部に参加した。同GKはパス練習をチームと一緒に行い、さらにトニ・タパロヴィッチGKコーチの指導を受けた。ドーハキャンプの最終日に負った靭帯結合部の過度伸展により離脱を強いられていたウルライヒだが、チームへの合流が目前まで迫りつつあるようだ。