presented by
Menu
新しいセンターバック

FCB、ザーダール・タスキを期限付きで獲得

 FCバイエルン・ミュンヘンは冬の移籍市場が閉まる直前に、スパルタク・モスクワから期限付きでザーダール・タスキを獲得した。28歳の同CBは、買い取りオプション付で来夏までドイツマイスターにレンタル加入する。同選手には背番号4が与えられる。

 スポーツディレクターのマティアス・ザマーは、「この短期間にザーダール・タスキのような選手をバイエルンに連れてくるチャンスに恵まれ、嬉しく思う。彼はそのクオリティーの高さと経験により、リーグ戦で即時に我々の助けとなってくれるだろう」とコメントした。タスキ自身は契約書にサインを済ませた後で、「とても調子はいいし、この挑戦を大いに喜んでいる。チームの助けになれることを願っている」とやる気にあふれた様子を窺わせた。

 タスキは今シーズン、ロシア・プレミアリーグで現在4位のスパルタク・モスクワで、リーグ戦18試合中16試合で先発出場を果たした。同選手はロシアでの活動以前、VfBシュトゥットガルトで7年間プレーしていた。タスキはシュトゥットガルト時代、プロ一年目でドイツマイスター(2007年)に輝き、後に主将としてVfBを率いた(181試合)。その後、守備のスペシャリストである同選手は2013年にスパルタク・モスクワへと移籍した。