presented by
Menu
インサイド

レヴィーとリベリーが記録達成

 決めて、決めて、決めまくる。1-0で勝利したケルンとのアウェイ戦でも、ゴールを決めたのはロベルト・レヴァンドフスキだった。そのゴールは今季のブンデスリーガ25ゴール目となり、2012-13シーズンの24ゴールを超えて自身最多を更新。今季の公式戦39試合では合計36ゴールをマークした。また、ペナルティーエリア外からゴールを決めたのは6ヶ月ぶりとなる。

リベリーがマイルストーンに到達

 おめでとう! フランク・リベリーがケルン戦で、ブンデスリーガでのキャップ数を200に伸ばした。その際、同フランス代表は69ゴール76アシストを記録し、合計145ゴールに関与した。

4度目の13失点

 バイエルンの守備陣もケルン戦で歴史的な事を達成した。27節を終えた時点で無失点に抑えた試合数が17、またここまでの失点数もたったの13に抑えている。これは自身が打ち立てた過去3度のブンデスリーガの最小失点記録に並ぶ。