presented by
Menu
コマン、ボールトレーニング開始

バイエルン、ベンフィカ戦に向け準備開始

シュトゥットガルト戦からベンフィカ戦まで、チームに与えられた時間はほぼ4日間。「しっかりと回復して、よい準備をするには、十分すぎる時間」だと、トーマス・ミュラーは、13日(水)夜に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのベンフィカ戦を前に語った。本日日曜の練習では、選手たちは様々なグループに分かれてトレーニングを行った。シュトゥットガルト戦の先発組みは、軽いリカバリートレーニング(ランニング、ストレッチ、マッサージ)を行う一方、出場時間が短かった選手や、出場のなかった選手たちは、強度の高いトレーニング(筋トレ、スプリント、ゲーム形式)に励んだ。

チームとは別に、復帰を目指し一人で練習にいそしむキングスレイ・コマンの姿もあった。フランス出身の若手は、軽い筋肉系のトラブルを抱えていたために、シュトゥットガルト戦では慎重を期してメンバー入りが見送られた。しかし本日日曜、コマンはすでにボールを使った個人トレーニングをこなしていた。ジェローム・ボアテングも、復帰に向け個人トレーニングで調整中だが、彼のベンフィカ戦での復帰はなさそうだ。