presented by
Menu
5-1でブラガに勝利

ベンフィカ、バイエルン戦前の試合で白星

 ポルトガル王者のSLベンフィカは、FCバイエルンとの対決に向けて準備万端だ。ベンフィカはミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグの4日前、国内リーグ4位のSCブラガと対戦し、5-1(3-0)という華々しい大勝を飾った。またベンフィカは28節が終わった現在、同じくリスボンを本拠地とするライバルのスポルティングCPを抑えてリーグ首位の座についている。

 エスタディオ・ダ・ルスで行われた試合は、コスタス・ミトログル(17分)、ジョナス(37分/PK)、ピッツィ(40分)の得点によって、前半既にホームチームのベンフィカの勝利が決まったも同然だった。同チームは後半、この日2ゴール目を挙げたミトログル(72分)と途中出場したアンドレアス・サマリス(75分)のゴールで更にリードを広げる。ヨーロッパリーグ準々決勝進出チームであるブラガは、アディショナルタイムにペドロ・サントス(90+3分)が1点返している。

 ベンフィカ監督のルイ・ヴィトーリアは試合後、「今日の試合では全く素晴らしいパフォーマンスを見せることができたし、それに相応しく勝利を手にすることができた。順当な勝利で、重要な勝点3だ。そしてこれから我々は、FCバイエルンとの試合について考える。大変難しい対戦になるだろうが、この挑戦に対する我々の準備はできている」とコメントした。

SCブラガ戦に出場したSLベンフィカのメンバー:

エデルソン – アンドレ・アウメイダ、リンデロフ、ジャルデウ(79分ネウソン・セメド)、エリゼウ – フェイサ(65分サマリス)、レナト・サンチェス、ピッツィ、ガイタン(76分カルチェラ) - ジョナス、ミトログル