presented by
Menu
インサイド

ホプフナー、へーネス、サリハミジッチが特別展示会オープン

 ドイツでは、たいていの子供が一度は夢を見る。サッカー選手になりたいと。そこでFCバイエルンの体験ワールド・ミュージアムが、プロサッカー選手になるまでの長い道のりを描写した展示会をオープンした。開幕式を行ったのは、バイエルン会長カール・ホプフナー、ウリ・へーネス、ハサン・サリハミジッチ。この特別展示会は、来年の4月末まで続き、『プロサッカー選手 ~夢と現実~ 』というテーマの下、普段は影に隠れているFCバイエルンの舞台裏などが展示されている。