presented by
Menu
インサイド

ロッベンがランニング、ボアテングはボールを使ったトレーニング

 アリエン・ロッベンとジェローム・ボアテングは月曜日の午前中、チームトレーニングが始まる数時間前にカムバックに向けそれぞれトレーニングに励んでいた。内転筋の問題によりチームを離脱して4週間が経つロッベンは、トレーニング場を何週かランニング。一方のボアテングは既に数日前にボールを使った基礎トレーニングを開始しており、今日も同様のメニューをこなした。同W杯チャンピオンは、ハンブルガーSVと対戦した1月末の後季開幕戦で内転筋を負傷した。