presented by
Menu
決勝進出に関するデータ

記念、ゴール保証、そしてミュラー

 FCバイエルンはDFBポカール決勝進出を成し遂げた!ホームで2-0で勝利したヴェルダー・ブレーメンとの準決勝では、再び多くのデータが記録された。fcbayern.deがそれらの数字を紹介する。

4 ― FCバイエルンがDFBポカール決勝に進出するのは、この5年間で4回目となる。

7 ― トーマス・ミュラーは今季のポカール戦で最も多くの得点に関係した選手だ。ブレーメン戦でドッペルパック(1試合2得点)を決めた同選手は、現時点で7得点に絡む活躍を見せている(4得点3アシスト)。

75 ― ブレーメン戦での2-0の勝利は、FCバイエルンにとってDFBポカールで75回目のホーム戦勝利となった。これは同大会最高記録だ。

100 ― バイエルンの今季ホーム戦の得点率は100%だ。これまでにアリアンツ・アレーナで行われた公式戦22試合で、FCBは毎試合最低でも1得点を挙げている。総得点は69だ(1試合平均3.1得点)。 

150 ― ヴェルダー・ブレーメン戦の先制点は、トーマス・ミュラーにとってFCB選手として公式戦で挙げた150得点目(347試合)となった。同選手はこの試合で、更に151得点目も記録している。1965年のブンデスリーガ昇格以来、これよりも多いゴール数を記録したバイエルン選手は3人しかいない。