presented by
Menu
ポカール決勝当日のベルリン

グラフィティーとベロタクシー―赤と白に染まるベルリン

 ベルリン、ホルツマルクト通り10番地。アレクサンダー広場からそれほど遠くないそこに立つアパートの400平方mの壁。通常ならただ白く塗られただけの普通の壁であり、わざわざ観光客が訪れるような所ではない。しかしこの週末は多数の人々が集まり、感心した様子で写真を撮っていた。それというのも、現在そこにはフィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテングが描かれているからだ。FCバイエルンのためにこのひと際人目を引くグラフィティーを作成したのは、ベルリンに住むヨルニ、ボレ、キーモ、SizeTwo、そしてイッケの5人だ。

 このストリートアート集団Die Dixons を代表し、ヨルニは「週の初めは雨と風の中、この場所に立っていた。でも今は天気も良くなったね、運が良かった。このように大きなプロジェクトを実現させるのはとても楽しかった」と語った。このアートを塗料やスプレー缶、絵筆を使って実現するのにかかった時間は約60時間。しかし計画を立てる段階から計算するなら、当然もっと長い時間が費やされていることになる。

FCBファンショップにサプライズゲスト

 この光景はまったく、写真を撮るに値するものだ。現在ベルリンでは、FCバイエルンのチームバスと同じデザインのベロタクシーが20台走っており、FCBファンはそれらに乗ってベルリンの街中を移動することができる。これでアレクサンダー広場に行くことももちろん可能だ。アレクサンダー広場は今日、試合会場オリンピアシュターディオンに向かうバイエルン・ファンの待ち合わせ場所となっている。集合時間は15時だ。

 だがその前に、ライプツィガー広場12番地にあるLP12モール 内のバイエルン・ファンショップを訪れることをおすすめする。それというのも、全てのFCBファン商品を10%オフで購入することができるからだ。その上、抽選で5名様に決勝チケット2枚が当たるチャンスもある。だが更に特別なのは、その場で抽選のくじを引き、当選者を発表するのがアリエン・ロッベンだということだ。ベルリンにいるファンは是非、LP12モール 内のFCBファンショップに足を運ぼう!