presented by
Menu
シャビ・アロンソは欠席

ドイツマイスターがトレーニングを再開

 三日間のオフを過ごし、FCバイエルンは水曜日にトレーニングを再開した。気温20度のこの日、チャンピオンになったばかりのフィリップ・ラームやトーマス・ミュラーらの練習の様子を見るために、約1000人のファンがゼーベナー通りを訪れた。通常のサーキットトレーニングに加え、ペップ・グアルディオラは数多くのパスリレーやシュート練習を取り入れていた。

 ハノーファー96とのブンデスリーガ最終節の3日前に行われたトレーニングに参加した選手は21人。その中には、流行性感冒のために優勝を決めたインゴルシュタット戦に欠場し、その後の盛大なお祝いムードも逃したアルトゥーロ・ビダルも含まれている。しかし反対に姿を現さなかったのはシャビ・アロンソだ。同選手は打撲した肋骨の痛みが引かず、アリエン・ロッベン(内転筋)と同様にパフォーマンスセンターに残った。ホルガー・バドシュトゥーバー(足首骨折後のリハビリ)はランニングをこなした。