presented by
Menu
インサイド

アラバとオーストリアは初戦敗北

 オーストリア代表はユーロ2016を黒星でスタートすることになった。FCバイエルンのダヴィド・アラバ擁する同代表はグループステージ第1節でハンガリーと対戦し、意外にも0-2(0-0)の敗北を喫した。これによりオーストリアは、次節ポルトガル戦を前に既に後がない状態に追い込まれてしまった。本命のオーストリア相手に情熱的に立ち向かったアンダードックのハンガリーは、アダム・サライ(62分)とゾルタン・シュティエベル(87分)によって2ゴールを手に入れる。一方のオーストリアは、アレクサンダー・ドラゴヴィッチが67分にこの日2枚目のイエローカードを受けて警告累積で退場となり、数的不利に陥った。アラバは試合開始32秒にポスト直撃のシュートを放ち、その数分後にも更なるシュートチャンスを作り出すなど、オーストリア代表の中でも目立った活躍を見せた。