presented by
Menu
ユーロ2016

グループ優勝をかけて争うドイツ代表とレヴィー

 グループ勝者として既にユーロ2016のラウンド16進出を決めたキングスレイ・コマン。それに続こうとするのは6人のバイエルン選手だ。マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、ヨスア・キミッヒ、マリオ・ゲッツェ、そしてトーマス・ミュラー擁するドイツ代表は火曜日晩、北アイルランド相手にグループステージ最終節(日本時間翌日1時、パリ)に臨む。そしてそれは同時に、同時刻にマルセイユでウクライナと対戦するロベルト・レヴァンドフスキ擁するポーランドとのグループ首位をかけた戦いとなる。

 軽い風邪を引いたドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴに代わり、試合前の記者会見に出席した同代表アシスタント・コーチのトーマス・シュナイダーは、「我々はこの試合に勝ち、グループ優勝国としてラウンド16に臨むつもりだ」と告げた。選手全員のコンディションは良いと打ち明けたシュナイダーだが、レーヴがメンバーの変更を予定しているかどうかについては答えなかった。もうすぐバイエルンの選手となるマッツ・フンメルスは、「北アイルランドは大変情熱的で、ファンの応援にも力が入っている。僕たちはもちろん、彼らのことをもっと分析する予定だ」と説明した。

「引き続き全力で臨む」レヴァンドフスキ

 「試合を楽しみにしている。ポジティブな気分だし、現在の順位も良い」と言うゲッツェもまた、勝利によりグループ勝利に大きく近づく可能性を自覚している。だが、ただ勝点3を得るだけではグループトップの座は確実とは言えない。それというのも、ポーランドがより多く得点して勝利した場合、首位通過は同代表のものとなってしまうからだ。つまり、得失点差(現時点でドイツが+2、ポーランドは+1)も重要になる。

 レヴァンドフスキ擁するポーランドも同様に、グループ優勝とユーロでのK.O.ラウンド進出に向けて燃えている。フランスで行われている同大会で未だゴールなしのバイエルンの同ストライカーは、「僕たちは引き続き全力で試合に臨む」と宣言した。同じくポーランド代表のMFカミル・グロシツキも、「ベストポジションを手にするために戦う。それは、グループトップの座だ。チームは進化し、時間が過ぎるにつれて僕たちの士気は高まっていく。僕たちの大きな目標はラウンド16進出だが、それを達成したら更にその先を目指していく」と意気込みを語った。

グループCの現在の状況

ドイツのラウンド16進出の条件:北アイルランド戦を引き分けに終えれば、監督ヨアヒム・レーヴ率いるドイツ代表のラウンド16進出は確実となる。同時に行われているウクライナ戦でポーランドが勝利を逃せば、ドイツがグループ首位の座につくことになる。

ポーランドのラウンド16進出の条件:最終節でウクライナ相手に引き分ければ、ポーランドもラウンド16に確実に進出を果たすことになる。同代表が敗北しても、北アイルランドがドイツに勝利しなければ次ラウンド進出は可能だ。それというのも、勝点同数の場合はその2チームの試合結果が問題になるからだ。ポーランドはユーロ初戦で北アイルランドに1-0で勝利しているため有利となる。