presented by
Menu
8人中7人のFCB選手が次ラウンド進出

チアゴ擁するスペインが敗退、ドイツの相手はイタリアに

 残念なことに、ユーロ2016にてラウンド16進出を果たしたバイエルンの選手の中で唯一、チアゴの敗退が決まった。2012年決勝と同様にイタリアと対戦したスペインは、0-2(0-1)で敗北を喫した。驚くほど攻撃的に試合に臨んだイタリアは、前会チャンピオンのスペインの守備陣を繰り返し苦戦に追い込んだ。ジョルジョ・キエッリーニ(33分)の得点でイタリアが先制したのは、ほとんど当然ともいえる結果だ。0-1とリードを許したスペインは後半、それまでよりも明らかに積極的なパフォーマンスで良いチャンスを演出する一方で、イタリアに危険なカウンターのチャンスも与えてしまう。その内の1つをグラツィアーノ・ペッレ(90+1分)が上手く活かし、試合終了間際にダメ押しの追加点を挙げる。こうして試合は2-0でイタリアが勝利を手にした。チアゴはこの試合に出場しなかった。

 この試合の結果により、マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、ヨスア・キミッヒ、マリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラー、そして新シーズンよりFCB選手となるマッツ・フンメルス擁するドイツ代表が、準々決勝でイタリアと対決することが決まった。またロベルト・レヴァンドフスキのポーランドは、FCB新加入のレナト・サンチェス擁するポルトガルと対戦する。キングスレイ・コマン擁する開催国フランスの相手は、アイスランドかイングランドのどちらかになる。