presented by
Menu
ゲッツェも活躍

ハンガリーとのテストマッチで、ミュラーが決勝弾

 予行試合は成功に終わった! W杯チャンピオンのドイツは、ゲルゼンキルヒェンで行われたユーロ2016前最後となるテストマッチでハンガリーと対戦し、同じくユーロ出場国である対戦相手に2-0(1-0)と順当に勝利した。ドイツの先発メンバーには4人のバイエルン選手が名を連ねた。ハンガリーのアダム・ラング(39分)のオウンゴールで先制点を得たドイツ代表に、トーマス・ミュラー(62分)が後半追加点をもたらした。

 このテストマッチでヨスア・キミッヒは出場機会を得られなかったものの、マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、ミュラー、そしてマリオ・ゲッツェは予期されたように先発出場を果たした。ゲッツェは試合開始からわずか59秒にユリアン・ドラクスラーのゴールをアシストしたものの、このゴールはオフサイドと判定され、得点と認められなかった。更に前半終了間際には、こちらは事実オフサイドだったヨナス・ヘクターのクロスを受けてシュートを試みたゲッツェが、ハンガリーのオウンゴールを誘った。

カムバックを果たしたシュヴァインシュタイガー

 後半に入っても、ほとんどの時間帯においてドイツが試合の流れをコントロールする。そして62分、こぼれ球に最も早く反応したミュラーがボールをゴールに突き刺して、ドイツが2点目を手にする。更にドイツにとって良い知らせとなったのは、バスティアン・シュヴァインシュタイガーのカムバックだ。長年バイエルンに所属していた同選手は、68分に途中出場を果たした。

 こうして予行を成功に終えたノイアーはじめドイツ代表選手たちは、2日間のオフを過ごした後、ユーロでの滞在先であるエヴィアンに向かうことになる。ユーロ2016でのドイツの初戦は6月12日(日本時間翌日4時、リール)のウクライナ戦だ。世界チャンピオンのドイツは更に、ポーランド(6月17日日本時間4時、パリ)、北アイルランド(6月22日同1時、パリ)と対戦する。

ハンガリー戦におけるドイツ代表出場メンバー: 
ノイアー – ヘーヴェデス、ボアテング、リューディガー、ヘクター(46分ジャン) - ケディラ(46分ゴメス)、クロース(68分シュヴァインシュタイガー) - ミュラー(69分ザネ)、エジル、ドラクスラー(60分シュールレ) – ゲッツェ(79分ポドルスキ)