presented by
Menu
ユーロのビッグマッチ

ボアテング出場可、ノイアー対ブッフォン

 ユーロ決勝トーナメント準決勝ドイツ対イタリアが行われる4日前、ヨアヒム・レーヴ代表監督がバイエルン所属のDFジェローム・ボアテングの状態について言及し、「問題ないだろう」と報告した。同選手は、グループリーグの北アイルランド戦同様、3-0で勝利したスロバキア戦でもふくらはぎの筋肉の問題で途中交代を余儀なくされていた。レーヴは、「彼を早めに交代させて良かった」と振り返っている。

ノイアー対ブッフォン

 ドイツ対イタリアの一戦では、2人の偉大な守護神が顔合わせをする。一人はジャンルイジ・ブッフォン38歳。世界最優秀GK賞を4度受賞し、W杯優勝1回とセリエA優勝を7回経験している。一方のマヌエル・ノイアー30歳は、世界最優秀GK賞を3度受賞。W杯優勝1回、チャンピオンズリーグ制覇1回、ブンデスリーガ優勝4回を経験している。ブッフォンはノイアーを、「確実に最高峰のGK」と称賛し、「ノイアーは僕より若い。彼は卓越したキーパーだ。僕は、このような大会に出るには年を取り過ぎている」とコメントした。