presented by
Menu
テストマッチ後のコメント

アンチェロッティ「初めての登校日のように興奮していた」

 FCバイエルン対マンチェスターCの一戦は、当然ながら、バイエルンの新監督と元監督の戦いでもあった。カルロ・アンチェロッティは、アリアンツ・アレーナで迎える初めての試合について、「初めての登校日のように興奮していた」と心境を赤裸々に語った。ペップ・グアルディオラも、「家に帰ってきた気持ちだ」と嬉しい気持ちを述べた。

試合後の監督のコメント

カルロ・アンチェロッティ「初めての登校日のように興奮していた。このスタジアムも、ここのファンのことも知っている。素晴らしい雰囲気だったよ。彼らと一緒に多くのことを達成できると思う。プレーに関しては、今日は良いスタートとなった。もちろん、マンチェスターCのような強豪とやるのはいつだって難しい。プレシーズンのこの時期にも関わらず、いいプレーができたと思う。いいコンディションにあることを示すことができた。だが、時間はまだあるから、もっと向上させていける」

ペップ・グアルディオラ(マンチェスターC監督)「またここに来ることができて嬉しいよ。ここに到着したとき、また家に帰ってきたような気持ちになった。素晴らしい3年間だった。私にとっても、家族にとってもね。今日、多くの友人にも再会することができた。バイエルン・ミュンヘンの勝利を祝福する。私は、この偉大な監督、ここの偉大な選手たち、そして偉大なファンのみんなの成功をただただ願っている。彼らの進む道をこれからも見守る」