presented by
Menu
プレスリリース

コスタ、オリンピック欠場決定

 ダグラス・コスタが、8月5日から21日までのリオ・デ・ジャネイロで開催されるオリンピックに出場しないことが確定した。左足太腿の負傷が、まだ十分に完治していないのが理由だ。FCバイエルンがブラジルサッカー協会に、コスタの招集を見送るように通達した。

 株式会社FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「とても悔しい。誰もが、ダグラスの母国開催のオリンピック出場を望んでいた。だが、選手の健康が最優先だ」と、今回の決断に至った理由をコメント。

 コスタは月曜日、FCバイエルンの医療チームの検査を受け、数週間に渡るリハビリプログラムをミュンヘンでこなすことになる。