presented by
Menu
GKコンビにインタビュー

トップチーム相手の対戦を楽しみにするシュタルケとウルライヒ

 この数日、FCバイエルンは素晴らしい雰囲気に包まれている。新シーズンに向けた準備が始まって既に2週間が経過したが、ドイツマイスターの選手たちは、カルロ・アンチェロッティとそのコーチ陣にすっかり魅了されていた。GKスヴェン・ウルライヒは金曜日、アウディ・サマーツアー2016出発前最後のトレーニングの後、「今までのところ、とてもポジティブだ。コーチ陣からは良い印象を受けている。僕たちは最初の2週間で良いトレーニングをしてきた。これを基盤にして、この先数週間で更に成長していけるだろう」と報告した。

 同じくGKのトム・シュタルケも、2冠王者バイエルンの新しいコーチ陣に満足しているようだ。シュタルケは、長い夏の休暇の後で「新しい状況でのスタートを皆が楽しみにしていた。全員がわくわくしていたし、これから何が起こるかと今も楽しみだ」と語った。だがアンチェロッティはその初日に、選手たちに望むことをはっきりと口にしたという。シュタルケは、「彼は最初に、全ての選手が気持ちよくプレーし、そのクオリティーを示さなければならない、とはっきりと告げた」と打ち明けた。

ランズフート戦はFCB.tvでライブストリーミング

 その言葉通り、既にチームに合流している12人のプロ選手たちは、また新たに成功に満ちたシーズンのための基礎を築こうと、多くのユース選手と共に熱心にトレーニングに取り組んでいるところだ。ウルライヒが「僕たちは今、戦術面でもいくつかのトレーニングを行った」と言うと、シュタルケは、アンチェロッティは最近「プレッシングと引いて守ることのバランスに重点を置いている」と補足した。

 トレーニングで習得したものを実践する機会は、既に土曜日に訪れる。FCBはこの日、SpVggランズフート(日本時間24日0時30分、FCB.tvでライブ中継)とテストマッチを行う。シュタルケは「試合はトレーニングの日々の中で良いメリハリとなるし、戦術的に一歩前進するためにも良い機会だ」と述べ、下位のクラブとのテストマッチは「とても重要だ。少し実験的なことを試すことができるし、それによって即座に失点することもない」と説明した。

 月曜日になれば、バイエルンは10日間のアメリカ遠征へと出発する。そこで待ち構えているのは、ACミラン、インテル・ミラノ、そしてレアル・マドリードとのテストマッチだ。シュタルケは、「このような試合が予定されていること自体が、僕たちがどのようなクラブかということを表している。マンチェスター・シティとの一戦もそうだが、準備期間にこのような試合があるということは、大きな楽しみになる」とビッククラブとのテストマッチを待ち望んでいる。そしてウルライヒも、「準備期間のテストマッチは楽しみだし、それがトップクラブ相手となれば尚更だ。当然素晴らしいことだし、僕たちもとても楽しみにしている」と、期待に胸を膨らませた。