presented by
Menu
YouTube & Facebookで生配信

トレーニング開始を待ちわびるバイエルン

 ベルリンで開かれたDFBポカールでボルシア・ドルトムントを下してから50日後の来週月曜日、ようやくFCバイエルンがトレーニングを開始する。主将フィリップ・ラームを中心に、トップチームの約半分がゼーベナー通りの練習場に16時30分に集合し、新監督カルロ・アンチェロッティと顔合わせをする。

 また、その前日にはイタリア人監督がアリアンツ・アレーナで監督就任記者会見を行う予定となっている。そして、バイエルンが11時から始まるその記者会見と、月曜日16時30分からのアンチェロッティ体制初のトレーニングを、どちらもYouTubeチャンネルFacebookページで生配信する(どちらも英語)。

 最初のトレーニングでアンチェロッティとご対面することが叶わないのは、新加入のマッツ・フンメルスとレナト・サンチェスを含むユーロに参戦している11名。6月末にコパ・アメリカを制したアルトゥーロ・ビダルも、トレーニング初日は不在となる。代わりに、昨シーズン終盤を怪我で欠場していたアリエン・ロッベンとホルガー・バドシュトゥーバーが参加予定。この二人は先週からトレーニングを開始し、個々でコンディションを調整していた。

スーパーカップファイナルまでテストマッチ6回

 代表メンバーが戻ってくるまでの人数不足は、ユースからの若手で補われることになっている。アマチュアチームからトップチームに加わるのは、ファビアン・ベンコ(攻撃的MFの中盤かサイド)とベルナルド・ワロム(CB)。U19からはメリタン・シャバニ(攻撃的MF)、マティアス・シュティングル(右サイドバック/MF)、マルコ・フリードル(左サイドバック)、マリオ・クルニチュキ(FW)、アドリアン・ファイン(CMF)。

 準優勝のボルシア・ドルトムントとスーパーカップファイナル(8月14日)で対戦するまでに残された時間は約5週間。その間に、選手たちを大会で戦えるだけのコンディションまで持っていかなければならない。その際にアンチェロッティは、様々なタイミングでチームに合流する代表選手を、慎重にトレーニングに溶け込ませなければならない。それまでバイエルンには合計6回のテストマッチが控えており、そのうちの3試合は11日間のFCバイエルンAudiサマーツアーUSA2016 中に行われる(7月25日~8月4日)。