presented by
Menu
インサイド

ボアテングが筋束断裂・・・シーズン開幕は問題なし

 FCバイエルン所属ジェローム・ボアテングのユーロ2016は、準決勝敗退という厳しい結果に終わっただけでなく、怪我という不要なおまけ付きで幕を閉じた。同選手は0-2で敗れたフランス戦で、負傷により途中交代を余儀なくされた。その後ミュンヘンに戻ってから精密検査を受けた結果、右太腿の筋束断裂と診断された。しかし、シーズン開幕までには回復する見込みだ。