presented by
Menu
インサイド

ロッベンとバドシュトゥーバーがトレーニング開始

 正式なトレーニング開始日(7月11日)より1週間も早い月曜日、アリエン・ロッベンとホルガー・バドシュトゥーバーがトレーニング場に戻ってきた。両選手はゼーベナー通りで午前中、それぞれランニングを行い汗を流した。ロッベンは長引く内転筋の問題のため3月初めから離脱しており、バドシュトゥーバーは足首の骨折により、2月半ばから療養中だ。

キミッヒはケディラの代役候補に入らず

 マリオ・ゴメス(筋繊維断裂)とサミ・ケディラ(内転筋の負傷)が欠場し、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(右膝の外側側副靭帯の過度伸展)にも疑問が残り、マッツ・フンメルスは累積警告で出場停止。木曜日のユーロ2016準決勝フランス戦の前に、ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは多くのポジションで変更を強いられている。月曜日に「我々は変更を加え、改善策を見つけるつもりだ。新しい選手を起用することになるだろう」と述べた同監督は、現在右サイドバックとしてプレーしているヨスア・キミッヒを守備的MFにポジションチェンジすることはないと断言。「ヨスア・キミッヒをボランチに起用することは全く考えていない。中央については他の可能性がある」と言い、同ポジションのオプションとしてエムレ・ジャンとユリアン・ヴァイグルの名を挙げた。