presented by
Menu
インサイド

ロッベンに怪我の懸念

 4-3で勝利した土曜日の午後のリップシュタット戦で、4ヶ月ぶりにピッチに立ったアリエン・ロッベンがいきなりその実力を発揮。バイエルンの先制点をアシストすると、2点目は自分でネットを揺らした。全てが順風満帆に見えたが、悲劇は36分に訪れた。ロッベンがスプリントの際に太腿を痛め、交代を余儀なくされたのだ。これについてアンチェロッティが、「彼は筋肉に違和感を感じていた。これからドクターが検査する。深刻でないことを願っている」と報告した。