presented by
Menu
インサイド

若手最優秀選手:サンチェスが1位でコマンが2位

 FCBの新戦力レナト・サンチェスが、ユーロ・フランス大会の若手最優秀選手に選ばれた。UEFAが決勝戦の後に発表した。1994年1月1日以降に生まれたプレーヤーのみが選考対象となる同賞の2位に選ばれたのは、同じくバイエルン所属のフランス代表キングスレイ・コマン。3位にはドルトムントへの移籍が決まっているラファエル・ゲレイロが選ばれ、上位3位全員がブンデスリーガの選手という結果となった。また、18歳のサンチェスは、ユーロの決勝戦に出場した最年少記録も更新した。

ユーロ王者最多輩出のFCB

 ユーロ2016も含め、FCバイエルンが欧州選手権史上最多のユーロ王者を輩出したクラブの座をキープした。新加入選手レナト・サンチェスが合計19人目の優勝者とUEFAが発表した。その後に続くのは、レアル・マドリードの16人、そしてFCバルセロナの15人となっている。

アリアンツ・アレーナが虹色カラー

 クリストファー・ストリート・デーに因んで、アリアンツ・アレーナが土曜日の晩、普段とは異なる色を発した。FCバイエルンのホームスタジアムが、寛大さと世界への開放性を示すため、虹色に点灯した。これを可能にしたのは、昨夏に導入されたPhilipsの新しい照明システムで、30万個にも及ぶLEDライトと1600万の色の組み合わせが虹色照明を実現させた。