presented by
Menu
アロンソ、チーム合流直前

コスタがランニング開始

 天気はあまり好ましくなかったが、それでもスーパーカップ前最後の公開練習を見学しに、1,500人ものファンがゼーベナー通りに駆けつけた。そして彼らが目にしたのは、筋肉を負傷して以来、初めてピッチでランニングをこなすダグラス・コスタの姿だった。同ブラジル代表は、20分ほど外で汗を流した後、リハビリコーチのトーマス・ヴィルヘルミと一緒にジムで基礎トレーニングを続けた。

 フランク・リベリーに関する朗報も入ってきている。内転筋を痛めていた同選手が火曜日、再びチームの全体練習に参加したのだ。しかし、アリエン・ロッベンとジェローム・ボアテングは、未だに合流が適わないでいる。また、シャビ・アロンソは、ジムで個別メニューをこなし、木曜日の全体練習合流が見込まれている。

 そして、もう少し辛抱が必要なのがホルガー・バドシュトゥーバーだ。同選手は、長期離脱をしていたため、ゆっくりとしたペースでトレーニングを進めている。現在は、個別メニューに取り組んでいる段階。