presented by
Menu
ブレーメン戦のコメント

アンチェロッティ「ブンデスリーガで良いスタート」

 FCバイエルンは、新しいブンデスリーガ・シーズンにてパーフェクトなスタートを切ることができた。6-0の勝利を挙げたヴェルダー・ブレーメン戦後、カルロ・アンチェロッティは「我々は90分間にわたり、大変良いプレーをしていた」と述べ、自身のブンデスリーガ・デビューに満足した様子を見せた。またマッツ・フンメルスは、「僕たちがボールを持っていた時、サッカーをする喜びを体現できた。僕たちは最初から最後まで、試合をコントロールしていた」と述べた。

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ「ブンデスリーガで良いスタートが切れた。早い段階で先制点を挙げられて良かった。その後は我々が試合を支配していた。我々は90分間にわたり、大変良いプレーをしていた。嬉しいことだが、既にいくつか改善しなければならないものもある。ロベルト・レヴァンドフスキはファンタスティックなストライカーだ。だが我々は全体的に前に向かって良いプレーをし、たくさん連係して、多くの選手を使って攻撃していた」

フィリップ・ラーム「今日は良いサッカーをすることができたが、これまでの準備期間全ての評価を出すことはまだできない。これはまだ第1節目だ。僕たちは満足していい」

マッツ・フンメルス「僕たちがボールを持っていた時、サッカーをする喜びを体現できた。前半、少し緊張が途切れた時間帯もあったが、その短い時間を除けばしっかりと集中し、個人のクオリティーの高さで圧倒していた。僕たちは最初から最後まで、試合をコントロールしていた」

ヴィクトル・スクリプニク(SVヴェルダー監督)「バイエルンにおめでとうと言いたい。彼らに相応しい勝利だ。我々も違う形を予定していた。不甲斐ないポカール戦の後で、それに対する反応を見せたかった。だがそれは全く上手くいかなかった。バイエルンにとっては簡単すぎたし、我々は部分的に稚拙すぎた。誰もがバイエルン・ミュンヘンのクオリティーの高さと、ヴェルダー・ブレーメンの内容の乏しい試合を観ることになった」

クレメンス・フリッツ(SVヴェルダー主将)「僕たちには、今日ここでサッカーをすることに不安があった。誰もボールを持とうとしなかったし、相手と球際で勝負することもなかった。バイエルンにペナルティーエリア内でもボールを回す余裕を与えてしまったが、それはあってはならないことだ」