presented by
Menu
FCBのポカール史

歴史的敗戦の数々と記録的勝利

 「カップ戦にはカップ戦用のルールがある」 — 格下チームが、過去何度このフレーズを信じて格上に挑んできたことか。だが、まさにその下部リーグ所属のクラブの参加こそが、カップ戦の魅力であり刺激なのだ。FCバイエルンも、過去に何度か格下チームに敗れたことがある。したがって fcbayern.com は、FCカール・ツァイス・イェーナ戦の前に、読者のためにバイエルンのこれまでのカップ史を振り返り、まさかの敗戦を喫した試合を集めた。

1990年8月4日:FV 09 ヴァインハイム vs. FCB  1-0

 1990-91シーズンの決勝トーナメント初戦、FCバイエルンの夢を打ち砕いたのがFV 09 ヴァインハイムだった。4部のアマチュアクラブ相手にバイエルン所属のプロが負けたのだ。しかもその試合には、その約一ヶ月前にローマでワールドカップを制覇したメンバーのうち、5名のプレーヤーが先発イレブンに名を連ねていた。この日の劇的決勝弾を決めたのは、トーマス・シュヴェヒハイマーで、同選手が当時のGKライムンド・アウマンとのPK勝負を制し、スコアを1-0とした。

1991年8月17日:FCB vs. FCホンブルク  2-4/延長戦

 その翌年、前年の汚名を返上すべくDFBポカールに挑んだバイエルン。カップ初戦で激突したのは2部リーグのFCホンブルクで、しかもこの試合をホームのオリンピアシュターディオンで迎えた。ホームのサポーターの声援を背に前年の無念を晴らそうと意気込んでいたバイエルンだが、現実は異なる形を迎えた。『汚名返上失敗』— 激戦の末、試合は延長戦に突入。最終的にはホンブルクに2-4で軍配が上がった。バイエルンサイドの2得点を決めたのは、ブラジル人のマジーニョだった。

1994年8月14日:TSVフェステンベルクスグロイト vs. FCB  1-0

 その2年後の1994-95シーズン、バイエルンは新監督に就任したジョバンニ・トラパットーニと共にニュルンベルクのフランケンシュターディオンで、フェステンベルクスグロイトとカップ初戦を戦う。しかし、この試合で唯一のゴールを決めたのは、改革直後の『プロチーム・バイエルン・ミュンヘン』ではなく、『アマチュアチーム・TSVフェステンベルクスグロイト』だった。43分の失点で怯んだバイエルンは、その後も終始レベルの違いを見せられずに終わる。一方の相手チームは、ローランド・シュタインの先制弾を守り切り、DFBポカール2回戦へと勝ち進んだ。

2000年11月1日:1. FCマクデブルク vs. FCB  5-3/PK戦

 下部リーグ所属のクラブとの対戦でバイエルンが最後に敗北を喫したのは、2000-01シーズンだ。DFBポカール2回戦でバイエルンは、オーバーリーガ所属の1. FCマクデブルクとアウェイの地で対戦。26,000人の観客が熱狂する完売のエルンスト・グルーベ・シュターディオンでは、相手がバイエルンに激しくプレスをかけ、66分にアドルフス・オフォディレのゴールで先制に成功する。78分には、途中出場のハサン・サリハミジッチのゴールでバイエルンが同点に追いつくが、追加点を奪えず延長戦へ。しかし、その延長戦でもゴールが生まれることはなく、PK戦に突入。ここで、マクデブルクのGKミロスラフ・ドレッサーがイェンス・ジェレミとジオバネ・エウベルのシュートを止め、最終的にバイエルンが3-5で敗れた。

ヴァルトベルクにレコード勝利

 もちろん、こういった敗戦とは反対に、バイエルンが大勝を収めてきたカップ戦の試合がある。例えば1979年8月25日、SVオエストリンゲンに10-1、1981年8月29日にSCユーリッヒに8-0、または1988年8月6日の2部所属ブラウ=ヴァイス・ベルリンに11-2で勝利した試合だ。

 また、アマチュアのDJKヴァルトベルクもバイエルンとのカップ戦に苦い思い出がある。1997年8月15日、90分を得た時点でのスコアが16-1だった。これは、バイエルンのカップ戦の歴史の中でも未だに最大の勝利として記録されている。