presented by
Menu
バイエルンから5人が招集

ボアテングがドイツ代表に復帰

 FCバイエルンから5人の選手が、W杯予選のチェコ戦(10月8日、ハンブルク)と北アイルランド戦(10月11日、ハノ-ファー)のためにドイツ代表に招集された。マヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラー、ヨスア・キミッヒ、マッツ・フンメルスと並び、ドイツ代表22人のうちの1人に再び選ばれたのは、ジェローム・ボアテングだ。バイエルンのCBはユーロ2016後最初の代表戦(8月、ノルウェーで3-0)以来、負傷のために代表から離れていた。

 ドイツ代表はノルウェー戦に勝利してW杯予選で好スタートを切り、勝点同数のアゼルバイジャンと共にグループCの首位に立った。また、チェコと北アイルランドは第1節を引き分けに終えている。2018年にロシアで行われるW杯本大会の直接出場権を手に入れることができるのは、各グループ1位のチームのみだ。2位のチームは本大会出場をかけて、更にプレーオフを戦うことになる。