presented by
Menu
インサイド

FCBがCL新記録を更新

 今シーズンにおけるチャンピオンズリーグ初戦で、FCバイエルンは早速同大会の新記録を更新した。火曜日夜のFCロストフ戦に5-0で勝利したことにより、FCBはホームで行われたCL戦で13連勝を記録し、同時にCLグループステージ初戦にて、最も多くの勝利を挙げたドイツのクラブとなった。ドイツマイスターのバイエルンはこれで、マンチェスター・ユナイテッド(2006年から2008年の間に12連勝)を抜いて、CLホーム戦における最多連勝記録保持者となり、更にCL初戦連勝記録でも同大会トップに立った(13シーズン連続)。

フンメルスが顔に軽度の打撲を負う

 マッツ・フンメルスに心配なしとの診断結果が出た。FCロストフとのチャンピオンズリーグ初戦でセンターバックとして先発出場し、5-0の勝利に貢献したたマッツ・フンメルスは顔に軽度の打撲を負ったと判明した。試合を終えた同選手は、すぐにゼーベナー通りでレントゲンを撮り、診察を受けた。同選手がハーフタイム前にヘディングシュートを放った際、相手DFの蹴りが顔に直撃し、51分に交代となった。カルロ・アンチェロッティ監督は、「彼はあまり顔色が良くなかったし、念のために代えたんだ」と、試合終了後にフンメルスについて言及した。

アトレティコがアイントホーフェンに勝利

 FCバイエルンと同様に、CLグループステージ初戦で勝利を掴んだのはアトレティコ・マドリードだ。このグループDのもう1組の対戦はバイエルン対ロストフ戦と同時刻に行われ、昨シーズンの決勝進出者アトレティコがPSVアイントホーフェンを1-0(1-0)で下して、バイエルンに次ぐグループ2位についた。完売のフィリップス・スタディオンにて昨年のラウンド16と同じ組み合わせで行われたこの試合で、より良いパフォーマンスを見せていたのはアトレティコ・マドリードだ。決勝ゴールを挙げたのはサウール・ニゲス(43分)だった。アイントホーフェンも前半アディショナルタイムにファールによりPKを獲得し、同点のビッグチャンスを手にしたが、アンドレス・グアルダードのPKはアトレティコGKヤン・オブラクに止められた。