presented by
Menu
試合後のコメント

「最初のゴールで、試合が楽になった」

 今シーズンのチャンピオンズリーグ初戦、FCバイエルンは見事なスタートを切った。FCロストフとの試合は、5-0という満足できる結果で終わった。「もちろん、結果について嬉しい限りだよ」と、今日誕生日のトーマス・ミュラーはコメントした。マヌエル・ノイアーも「今日の試合では、相手チームを圧倒したよ」と、ポジティブな言葉を残した。

試合後のコメント

カルロ・アンチェロッティ「私たちは良いスタートを切れたと思う。試合の立ち上がりは難しかった。ほとんどスペースがなかったからね。だから、クロスを多くしたんだ。最初のゴールで試合が楽になったよ。とても満足している。我々にはチャンピオンズリーグでタイトルを争うだけの実力がある。しかし、とりあえずグループステージ突破が最優先だ」

トーマス・ミュラー「もちろん、結果について嬉しい限りだよ。前半を2-0で折り返せたことは良かった。ロストフが自陣深くで守備を固めてくることはわかっていた。だから僕たちは両サイドから攻めなければならなかった。今日のパフォーマンスは真剣でとても良いものだった、満足しているよ」

マヌエル・ノイアー「今日の試合では、相手チームを圧倒したよ。今日の相手みたいな戦術のチームにはとにかく早くボールを動かすことだね。チームはその通りにやったから、それに相応しく勝ったんだ」

イヴァン・ダニリアンツ(FCロストフ監督)「あれ程レベルが高いチームと対戦したことは今までなかった。私たちは規律正しいプレーをして、チャンスを作ろうとしたが、それでは足りなかった。FCバイエルンの選手たちはプレースピードがとても速く、フィジカルがとても強い。試合の中でかなりのハードワークが必要だった。私たちはチャンピオンズリーグ優勝候補に負けたんだ」