presented by
Menu
勝利後のインタビュー

アンチェロッティ「今シーズンで最も良い試合」

 ヘルタBSC戦で3-0の勝利を挙げ、監督カルロ・アンチェロッティは「今シーズン中これまでで最も良い試合」と、復帰を果たした2選手について喜んだ。大歓声の中カムバックを果たし、復帰戦を自らのゴールで飾ったアリエン・ロッベンは、再びピッチに立った喜びを「肌が粟立つような感じ」と表現した。

試合後のインタビュー

カルロ・アンチェロッティ:「満足している。最初から徹底的でクオリティも高く、良いプレーをした。今シーズン中これまでで最も良い試合だった。そしてジェローム・ボアテングとアリエン・ロッベンの2人が復帰を果たした。すべて順調だ」

アリエン・ロッベン:「交代して途中出場した時、肌が粟立つような感じで素晴らしい瞬間だった。この瞬間のためにハードワークし、全てを行ってきた。とても言葉で表せない。とても幸せな気持ちだ」

パル・ダルダイ(ヘルタBSC監督):「おめでとう、バイエルン・ミュンヘン。彼らにとって素晴らしい日になった。我々は自陣深くで壁を築くのではなく、前に向かって守備をしようと試みたが、最初の20分間はそれが上手くいかなかった。ハーフタイム中にいくつか変更した。改善できたと思ったところで、個人のミスから2-0、3-0にされてしまった」

ミチェル・ヴァイザー(ヘルタBSC):「今日のバイエルンは絶好調だった。僕たちは球際勝負に持ち込むことができず、相手との距離も開きすぎていた。バイエルンの勝利は順当だ。彼らは僕たちを手玉に取った。0-3はまだ良い結果といえるだろう」