presented by
Menu
ノイアーのプラン

「最初からトップで進みたい」W杯チャンピオン

 フィンランドに2-0で勝利した今シーズン最初の代表戦は、バスティアン・シュヴァインシュタイガーとのお別れということで、とても感動的だった。日曜日の20時45分(日本時間翌3時45分)から行われるノルウェー戦は、ドイツ代表がワールドカップ予選において好スタートが切れるかどうかが焦点だ。新キャプテンのノイアーは、「この前の予選では安定感がなかった。前回の反省を今回に活かせるといいね」と欧州選手権の予選を振り返り、今回の目標を「最初からトップで進まなければならない」と力強く語った。

 ミュラーは、「最初の公式戦から難しいミッションだ。勝ち点をプレゼントはしてくれないだろうね。接戦になると思う」とオスロでの試合展開を予想した。フィールドプレーヤー16人とキーパー3人の合計19人の選手とオスロに向かったヨアヒム・レーヴ監督は、「ノルウェーとの対戦は大事に取り組みたい。というのもW杯予選の初戦を勝利で飾りたいと思っているからだ」と述べ、ミュラーも「なんとしても勝ち点3を取りたい」と監督に続いた。

ノイアー「後継者として成長したい」

 ドイツ代表にとって対戦相手は未知の存在でもある。ノルウェーとの最後の対戦は、7年以上前になる(デュッセルドルフで0-1)。ノイアーは、「ここ数年対戦が無く、知識が完璧ではない。そのためノルウェーとの勝負は簡単にはいかないだろう。しかし、しっかりと準備したい」と気を引き締め、ノルウェーの選手に関しては、「皆、規律がしっかりしていて、走力がありコンディションが良い」と述べた。代表チームマネージャーのオリヴァー・ビアホフは、「リスペクトと集中」が大事だと忠告した上で、「闘志をもって臨み、自分達のクオリティーを発揮できれば、勝つことができるだろう」と語った。

 世界最優秀GKのノイアーは、キャプテンとしての新しい役割について過大評価しないようにしている。「ドイツ代表には素晴らしい選手委員がいる。それに僕は今までもチームや選手委員で大事な役割をこなしてきた。キャプテンだからといって大きな変更は必要ないと思っている。バスティアン・シュヴァインシュタイガーの代役は何回も務めたしね。代表のキャプテンであることは、光栄なこと。フィリップ・ラームとバスティアンは、素晴らしい役割を果たした。僕も彼らの後継者として成長できることを望んでいるよ」。