presented by
Menu
W杯予選へ

バイエルンの12選手が代表戦へ

 新シーズン、最初の3回のイングリッシュ・ウィークを5勝1敗1分けで終えた。3週間を振り返った時、全体的に満足と言えるだろう。しかしここで一息というわけにはいかない。というのも、選手の半数が次の10日間で2018年ロシアワールドカップの予選を戦うからだ。fcbayern.comは、各選手がどこで試合するのかをまとめた。

 

ドイツ代表:マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、ヨスア・キミッヒ、トーマス・ミュラー

 欧州予選グループCのドイツ代表は、10月8日(土)にハンブルクでチェコ代表と、11日(日)にハノーファーで北アイルランドと対戦する。

 

フランス:キングスレイ・コマン

 グループAのフランス代表は、10月7日(金)にパリでブルガリア代表と、10日(月)にアムステルダムでオランダ代表(アリエン・ロッベンは怪我のため招集されない。)と対戦する。

 

ポルトガル:レナト・サンチェス

 グループBの欧州王者ポルトガルは、10月7日(金)にアヴェイロでアンドラと、10日(月)にアウェーでフェロー諸島と対戦する。

 

オーストリア:ダヴィド・アラバ

 グループDのオーストリア代表は、10月6日(木)にウィーンで勝点で並ぶ、ウェールズ代表と、9日(日)にベルグラードでセルビア代表と対戦する。

 

スペイン:チアゴ、ハヴィ・マルティネス

 グループGのスペインは、10月6日(木)にトリノでイタリアと、9日(日)にシュコドラでアルバニアと対戦する。

 

チリ:アルトゥーロ・ビダル

 コパ・アメリカ王者のチリは、10月6日(木)にキトでエクアドルと、11日(火)にサンティアゴ・デ・チレでペルー代表と対戦する。

 ロシアワールドカップ南米予選は、すでに8試合が消化されていて、チリ代表は現在7位。上位4チームがダイレクトで予選通過となる。

 

ポーランド:ロベルト・レヴァンドフスキ

 グループEのポーランドは、10月8日(土)にデンマークと、11日(火)にアルメニアとそれぞれホームで対戦する。