presented by
Menu
Inside

Ribéry hofft auf schnelle Rückkehr

 フランク・リベリーは、前回の代表戦ウィーク中に太ももの筋肉を負傷した。本人も「最初は、重傷かもしれないと不安に思った」と、土曜日のボルシアMG戦前に『FCバイエルン・マッチデー・ショー』で語っていたが、幸いなことに、リベリーの不安は杞憂に過ぎなかった。「もうだいぶ良くなった」ようだ。月曜日にMRI検査を受け、その後トレーニングに復帰することが見込まれている。

ラフィーニャが負傷、ラームは温存

 グラードバッハ戦、ラフィーニャは負傷により83分でピッチを後にした。アンチェロッティ監督も「ラフィーニャは内転筋を痛めた。軽傷であることを願っている」と心配している。フィリップ・ラームはメンバー外だったが、水曜日のDFBポカールのアウグスブルク戦に向けての温存が理由だった。「次の試合に調子を整えてくる」とアンチェロッティ監督が保証した。