presented by
Menu
試合後のコメント

アンチェロッティ「試合開始から試合をコントロールした」

 3-1、3-1:バイエルンはこの4日間でアウグスブルクと2度目の試合を行い、見事に勝利した。「ポカール戦と同じように、我々は良い試合の入り方をしたと思う」と、カルロ・アンチェロッティ監督が試合序盤のパフォーマンスと、この試合2ゴールを決めたロベルト・レヴァンドフスキの活躍にも満足した。

試合後のコメント

 カルロ・アンチェロッティ「ポカール戦と同じように、我々は良い試合の入り方をしたと思う。前半はとても良かった。2ゴールを決めた後は、試合をしっかりコントロール出来ていた。後半になってからアウグスブルクが攻勢に出てくると、そこで1点を返されてしまった。だが、今日のロベルト・レヴァンドフスキとアリエン・ロッベンのコンビネーションは素晴らしかった。チームにとって良いことだ」

 ロベルト・レヴァンドフスキ「僕たちは試合開始からとても良かったし、自分のパフォーマンスも良かったと思う。ベストを尽くして勝点3をとらなければいけないことは分かっていた。僕たちは試合をちゃんと支配していたと思う。なかなか来ない機会が、この試合で来ると思ったんだ。今日はまたゴールを決めることができたよ」

 デュルク・シュスター(アウグスブルク監督)「バイエルンの勝利を祝福したい。バイエルンはこの試合の勝利チームに相応しかったプレーをしていた。私のチームは最初の20分間は良く頑張っていたと思う。イメージ通り試合が進んでいった。バイエルンの2ゴールでゲームプランが変わって、いらいらと不安定が出てきてしまった。そして、3点目とともに止めを刺されたよ。今日の試合では3失点してはいけなかった。しかし、不利な状況でも諦めないで戦ったと思う」

 ポール・フェルハーフ(アウグスブルク主将)「誰でも強豪チームとの試合は難しい展開になることはわかっている。残念ながら、短い時間に連続で失点しまった。そのあと、僕らは諦めないでベストを尽くしてプレーしたよ。でも、最終的に緊迫した内容にはならかったけれどね」