presented by
Menu
統計データ

アイントホーフェン戦は6戦4勝

 ドイツとオランダのクラブ間の対戦は、欧州サッカー界において長い歴史を持っている。ただし、FCバイエルンが最後にオランダのチームと戦ったのはかなり前のことになる。2004-05シーズン、グループ予選でアヤックス・アムステルダムと対戦。ホームで4-0の勝利を収めたあと、敵地アムステルダムでの2戦目は2-2の引き分けに終わった。fcbayern.comが、バイエルンとアイントホーフェンの統計データをまとめた。

アイントホーフェン戦は6戦4勝

 水曜日の晩で公式戦7度目の対戦を迎えるバイエルンとPSVアイントホーフェン。その戦績は、4勝1敗1分けでバイエルンが勝ち越している。この両カードが最後に出揃ったのは、1999-2000シーズンのグループ予選で、そのときはお互いがホームの試合を2-1で勝利した。

ホームで負けなし

 FCバイエルンのオランダのチームとの対戦成績は、目を見張るものがある。と言うのも、合計18試合中10勝4敗4分けという好成績を残しているのだ。得失点数は36:25。また、バイエルンはオランダのチーム相手に一度もホームで敗れたことがないのも注目すべきポイントだ。

新記録を更新したバイエルン

 ホームの成績に関して付け足しがある。バイエルンはチャンピオンズリーグのホーム戦直近13試合すべてに勝利していて、さらにグループリーグの初戦でロストフを5-0で下したことで、2006年から2008年までのマンチェスター・ユナイテッドの記録を塗り替えた。

アウェイを苦手とするPSV

 オランダ王者のアイントホーフェンは、ここ数年間アウェイの地で苦戦を強いられているケースが多い。2007年11月にCSKAモスクワとのアウェイ戦を1-0で制して以来、アウェイ戦で8試合連続で勝利から遠ざかっている(5敗3分け)。ドイツのチームとの成績も良くなく、35試合で10試合しか勝利を挙げることができていない。その他は18敗7分けという結果に終わった。得失点数は36:45。また、アイントホーフェンがドイツのチームに最後の勝利したのは約39年前に遡り、1977年12月に亜イントラハト・ブラウンシュヴァイクに2-1の白星をあげた。

News