presented by
Menu
インサイド

コマンが2ヶ月離脱、マルティネスは来週合流

 バイエルン所属のキングスレイ・コマンが、フランス代表のトレーニングキャンプ中に重傷を負った。FCバイエルンの医療チームによる検査で、膝関節の外側側副靭帯断裂と左足首の関節包損傷と診断された。これでコマンは、少なくともシーズン前半を棒に振ることとなった。

 一方、ハヴィ・マルティネス(28)に関しては予定よりも早い復帰が見込まれている。筋肉の負傷により10月末から離脱を強いられていたマルティネスは、来週の月曜日から全体練習に合流する予定で、11月19日のドルトムントとのアウェイ戦に間に合う可能性も残されている。