presented by
Menu
インサイド

ボアテングが代表参加を辞退

 世界王者ドイツ代表が今年最後のサン・マリノ戦とイタリア戦を、ジェローム・ボアテング抜きで戦うことになった。FC バイエルンのセンターバックが右足の膝と内転筋の問題で代表戦を辞退した。ボアテングは、11月5日(土)のホームで迎えた1899ホッフェンハイム戦(1-1)の試合終盤に負傷交代を余儀なくされた。ルンメニゲが、「重傷ではないが、今は難しい。彼が代表戦に参加すれば、怪我が悪化する」とコメントしている。

アリアンツ・アレーナのゴール記録

 ホッフェンハイム戦1-1の結果は喜べるものではないが、新しいクラブレコードが生まれた。バイエルンは、ホーム戦36試合連続を達成した。今までバイエルンの過去最長は、2007年12月から2009年4月に記録。バイエルンがアリアンツ・アレーナで最後にゴールを奪えなかったのは、約1年半年前の2015年5月に遡る。